74th whisper

生きるかぎりは歌いながら行こうよ。道はそうすれば、それだけで退屈でなくなる

もがみさんのいいとこギュッと料理

もがみさんの三大レシピの一つ「炒めたやつ」が炸裂。娘には「お肉美味しくな〜い」と不評。

鶏ささみとレタス、タマネギのみじん切り。 塩胡椒、醤油、隠し味という名の気休めナンプラーをひとたらし。

もがみさんのいいとこギュッと料理: 皆様の暖かいご指導の結果、二度揚げ工法により今回は調理。

揚げながら秒を数えるという原始的な手段により品質の安定を図りましたが、全数検査はしました。多分揚がってた。 カミさんにはアルミホイルをかぶせることによって余熱効率が上がるとの指導を受けました。 そのうち、「から揚げ歌」を完成させて歌いながら…

もがみさんのいいとこギュッと料理: 餃子だけじゃ寂しいのでご飯を少々炒めつけてみました

もがみさんのいいとこギュッと料理: カミさんが「お昼ご飯家で食べればいいのに」と言うので昼自炊。

白出汁と卵を混ぜたぶっかけうどん。かの手塚治虫はブラックジャックをして「ボンカレーはどう調理してもうまいのだ。」と言わせたが、それを言うならカトキチの冷凍うどんはどう調理してもうまいのだ。

もがみさんのいいとこギュッと料理: カミさんに調理方法を教わってから揚げたのはいいが中まで火が通っているか確信が持てず開いて全数検査。全部突き刺してなんか憲兵の気分。

大丈夫だとは思うんだけど。

味パー(味覇がウェイパァーと読むのが信じられない)とご飯を混ぜて炒めりゃ食えるだろう炒飯&ベーコンカリカリにしようとしたら消し炭になっちゃったテヘペロジャーマンポテト(火災報知器まだ鳴ってません)を略して

「今日は娘が保育園でよかったな…丼」。 旨くはないがとりあえずお腹いっぱい。